この痛みはヘルニア!?<症状と対処法>

      2017/08/23

ヘルニアに苦しむ女性

腰痛の中でもよく耳にすることのある「ヘルニア」

実際多くの人がヘルニアに悩まされており、痛みが強い場合は手術という選択肢も考えなくてはならないちょっと怖い腰痛です。

そんなヘルニアは、どのような症状の特徴や対処法があるのかご紹介します。

ヘルニアとはどういうもの?

ヘルニアは鼠径ヘルニアや椎間板ヘルニアなど部位によって名前が変わりますが、一般的によく聞く腰痛のヘルニアは「腰椎椎間板ヘルニア」という種類のものです。

椎間板ヘルニアは、椎骨と椎骨の間にクッション材のような役割で存在する椎間板の一部が正常な位置から飛び出してしまい、それが神経を刺激することで痛みが発生します。

長年腰を酷使することで発症する場合と、遺伝的な要素が原因で発症する場合があります。

※画像参考:だいたい療法

痛みの特徴

椎間板ヘルニアの症状は、「痛み」と「しびれ」が特徴的です。

どの部分で椎間板ヘルニアになっているかによって症状が出る場所も異なりますが、腰椎椎間板ヘルニアの場合は主に腰から臀部、下肢にかけての痛みやしびれが発生します。

 

ただし、腰が痛いだけであれば疲労による腰痛の可能性もありますが、しびれも感じるようであれば椎間板ヘルニアの可能性を疑ってみると良いでしょう。

自分でもできる対処法

対処法で一番大切なのは安静を保つこと。

まずはなるべく体を動かさないようにして、しばらく横になりましょう。

それから薬で痛みを抑えていきます。

⇒腰が痛いときに最適な寝方

 

ヘルニアの痛みには「NSAIDs」という非ステロイド性抗炎症薬が効果的です。

NSAIDsは抗炎症作用、鎮痛作用、解熱作用を有する薬剤の総称で、広義にはステロイドではない抗炎症薬すべてを含みます。

鎮痛効果だけでなく消炎効果もあるので、軽症であればこういった非ステロイド性抗炎症薬だけで症状を改善させられることも可能です。

 

非ステロイド性抗炎症薬が含まれる薬は「ロキソニン」が有名です。

飲み薬のロキソニンだけでなく、湿布に似た貼り薬の「ロキソニンテープ」もありますので痛みのある患部に貼ることも有効です。

 

ヘルニアは、無理に動かすと悪化する恐れもあるので、まずはこういった薬を利用しつつなるべく安静にすることをおすすめします。

病院での治療方法は?

病院での治療でもまずは薬を処方されますが、それでも効果が表れない場合は注射などの薬以外の治療が行われます。

注射

ヘルニアへの治療には「神経ブロック注射」という方法が行われます。

これは神経やその周辺に対して局所麻酔をし、炎症を抑えて痛みを改善していく方法です。

椎間板ヘルニアではよく行われる治療法で、重症でなければ一定の効果が期待できます。

⇒神経ブロック注射って痛そう…効果は本当にある?

手術

ブロック注射などの保存療法では効果がみられない場合や、下肢への運動麻痺が進むような場合には手術を行うことも考えられます。

手術は原則全身麻酔で行われ、腰椎を中心に4~5cm程度切開することが一般的です。

 

多くの場合で手術の翌日からリハビリが始まり、3ヵ月程度はコルセットを巻いて生活することになりますが、軽いデスクワーク程度であれば1ヵ月程度で復帰できるケースがほとんどです。

 

手術なんて怖い!…と思うかもしれませんが、実は昔と違ってヘルニア治療で手術を行うことは少なくなりました。

手術が必要とされるのは尿漏れや尿失禁など、重い症状が現れる場合です。

まずは薬やブロック注射などの治療を中心に行いますので、手術が不安という方も怖がらずに一度病院を受診してみましょう。

⇒腰痛は何科に行けば良い?

ヘルニア予防に有効な方法

公園でストレッチ

ではヘルニアにならないためにはどういった予防ができるのでしょうか。

 

遺伝的な要素を除けば、筋力の低下がヘルニアを引き起こします

まずは日常的に運動や筋トレを行うことが有効です。

本格的な激しい運動でなくても、軽くウォーキングやジョギングをするだけでも効果はあります。

無理なく続けられる程度に体を動かす習慣をつけることが大切です。

⇒腰痛持ちがスポーツを楽しむときの注意点

また、姿勢に気をつけることもヘルニア予防につながります。

座り仕事でも立ち仕事でも長時間同じ姿勢でいることが体には負担となるので、常に正しい姿勢を意識し、なるべくこまめに体を動かすことを心掛けると良いでしょう。

⇒腰痛持ちが日常生活で気を付けたいこと

日ごろからヘルニア対策の意識を持とう

ヘルニアになってしまうと辛い痛みに耐えなくてはいけないだけでなく、酷くなると手術をしなければなりません。

そんなことにならないためにも、日ごろから自分の体をケアしてあげることが大切です。

姿勢を正し、適度に体を動かし、少しくらい負荷がかかっても耐えられる体をつくる意識を持っておきましょう。

⇒【危険】腰痛を放置すると寝たきりに!?

次のページ


 - 腰痛の種類