変形性脊椎症の症状と原因

      2017/08/23

高齢者の腰痛

形性脊椎症は加齢による老化現象の1つといわれており、老化による骨のすり減りや変形によって起こる現象のことをいいます。

老化現象の1つなので病気というわけではなく、X線画像を見た際の診断結果です。

また、加齢以外でも重労働や激しいスポーツなどにより背骨へ大きな負担をかけることも原因の1つです。

 

ほとんどの場合で痛みなどの症状が現れないので、油断していると悪化して別の病気へとつながってしまう恐れがあるので注意が必要です。

変形性脊椎症になる原因

※画像参考:腰痛|症状や原因

 

背骨は縦に並んだ椎骨と、その椎骨と椎骨の間にある椎間板というクッション材的な軟骨で形成されています。

背骨へ大きな負担をかけ続けるとこの椎間板が変形するなどして弾力性が低下し、それによって椎骨に骨棘(こつきょく:骨がとげのように変形している状態のこと)ができてしまい変形性脊椎症になります。

症状の特徴は?

変形性脊椎症はそれ自体は病気ではないため症状も無症状であることがほとんどです。

しかし椎間板が変形したり、椎骨にできた骨棘が神経を刺激するようになると痛みや痺れといった症状が出てくることが考えられます。

このようなはっきりとした症状がある場合は、脊柱菅狭窄症や椎間板ヘルニアなどといった別の病名がついて病気と診断されます。

基本的には痛みがない変形性脊椎症の段階では老化現象として済まされることがほとんどです。

どんな人がなりやすい?

変形性脊椎症は中年以降では誰にでも起こる可能性が考えられ、歳をとればとるほどそのリスクは高まっていきます。

特に若い頃に重労働や激しいスポーツで背中に大きな負担をかけ続けていた人は、すでに椎骨が変形して変形性脊椎症になっている可能性が十分に考えられます。

 

また、長年デスクワークを続けていた人も背中や腰に負担が蓄積されているはずなので、ストレッチや運動などでメンテナンスをしてこなかった場合は要注意です。

 

特別負担をかけるようなことをしてこなかった人でも、老化によって椎間板の水分が減少し、変形性脊椎症になってしまう可能性は十分にあります。

 

このように変形性脊椎症ははっきりとした症状はなくても、中年以降は誰にでも起こる可能性がある老化現象の一つです。

変形性脊椎症の治療法

変形性脊椎症は気付かないうちになっている可能性もあるほど自覚症状がありません。

椎骨や椎間板が変形しただけでは痛みなどの症状は出ないので、自覚症状がないうちは特に治療の必要はありません。

 

一時的に痛みが出るといった場合は、まずは薬やコルセットで様子を見てみましょう。

強い痛みでないのであればストレッチなどをしてみるのも効果的です。

⇒腰痛ベルト・コルセットの正しい使い方

 

痛みが強い場合にはすでに変形性脊椎症ではなく他の病気が発症してしまっている可能性が高いため、無理に動かすことは危険です。

なるべく早く病院で検査をし、適した治療を受けるようにしましょう。

⇒腰痛は何科に行けば良い?

若い頃から体のメンテナンスは大切に

変形性脊椎症は加齢や背骨への大きな負担によって起こります。

加齢による老化現象はある程度避けられないことではありますが、それ以外の原因は若い頃からの体のメンテナンスにより防ぐことが可能です。

日ごろからストレッチなどで体の疲れを取り除く習慣をつけておけば、歳を重ねたときに椎間板や椎骨の状態に差が出てきます。

そういった日々の積み重ねがいつまでも健康な体でいられることにつながるので、体のメンテナンスには気を遣うようにしましょう。

⇒本当に簡単!寝ながらできる腰痛ストレッチ

次のページ


 - 腰痛の種類