これってぎっくり腰!?知っておきたい辛い痛みの治し方

      2017/08/17

辛いぎっくり腰

動けなくなるほどの激痛を感じるぎっくり腰。

残念ながらなってしまったときの対処法と、予防法を詳しくご紹介します。

ぎっくり腰とは?

ぎっくり腰は正式には「急性腰痛症」と呼ばれ、欧米では「魔女の一撃」とも呼ばれています。

その名の通り激しい痛みを伴う症状で、重いものを持ち上げようとしたときや腰をひねったとき、またはくしゃみをした瞬間によく起こることが特徴の腰痛です。

 

歩くことはもちろん、立つことも難しくなるほどの激痛を伴う場合もある恐ろしいぎっくり腰。

そんなぎっくり腰は大きく2つの種類に分けられます。

<筋筋膜性>

筋肉が炎症を起こした状態で、主に腰をひねったり急な動きをしたときになることが多い急性の腰痛発作です。

<内蔵体性反射>

腸の硬直化とそれに伴う「内蔵体性反射」によるぎっくり腰です。

くしゃみやせきが出た瞬間になるぎっくり腰の多くは、この腸の硬直化によるものです。

ぎっくり腰になる前兆

ぎっくり腰になるときには、多くの場合でその前兆があるもの。

よくあるぎっくり腰の前兆は次のようなものがあります。

ぎっくり腰になる前兆

・腰がだるいぎっくり腰の前兆

・腰が張っている

・朝は腰が痛かったのに、行動しているうちに楽になる

・寝返りが辛い

・お尻に痛みを感じる

・ふくらはぎや足裏にしびれを感じる

このように、足腰に疲労を抱えているときが、ぎっくり腰が起こりやすい前兆だといえます。

 

また、日ごろから腰に負担がかかる姿勢を長時間とっていたり、冷え性の人はぎっくり腰になる危険性が高い「ぎっくり腰予備軍」です。

⇒日常生活で気を付けたいこと

ぎっくり腰の痛みの特徴

ぎっくり腰の痛み

そして実際にぎっくり腰になってしまったときの痛みは、腰を動かすと電気が走るような激痛を感じることが特徴です。

ドラマや映画で見たことがあるかもしれませんが、腰を反らしたり背筋を伸ばして動くことができず、前かがみの姿勢で全く動けなくなってしまいます。

 

ぎっくり腰はみはあってもなんとか動けるレベルから、起き上がることすらできない重症なケースまで痛みの程度は人それぞれ異なります。

ぎっくり腰になるとどうしても姿勢が崩れてしまい、背中や足などにも二次被害的に痛みが出てくることも珍しくありません。

治し方や対処法は?

ぎっくり腰になってしまったときの対処法としては、何よりもまず「無理をしない」ということです。

仕事が休めないなどの理由で激痛を我慢して動いていると悪化する一方です。

なるべく早く整形外科か整骨院で治療を受けることをおすすめします。

<マッサージはNG>

注意しなければならないのは、ぎっくり腰にはマッサージは逆効果だということ。

痛みがあるからマッサージすれば良くなると思ってしまう人も多いのですが、炎症を起こしている箇所をマッサージすると、多くの場合で悪化します。

慢性的な腰痛であればマッサージで筋肉をほぐしてあげることは効果的ですが、ぎっくり腰の場合は冷やして安静にすることがまずは大切なことです。

⇒腰痛は温める?冷やす?

<湿布よりもロキソニンテープ>

湿布を貼ることでも改善は期待できますが、一般的な湿布よりも「ロキソニンテープ」という非ステロイド性抗炎症薬がおすすめです。

急性の痛みに対して効果が高く、持続性も高いので一日中貼りっぱなしでも効果は持続します。

ドラッグストアで売っている市販のものでも効果はあります。

似た製品で「モーラステープ」というものがあるのですが、こちらもロキソニンテープとほぼ同等の効果が得られるので、ロキソニンテープと同様におすすめです。

 

<コルセットは必須>

そして併せて使用したいのが「コルセット」です。

腰痛を助けるコルセットはぎっくり腰の場合でも大活躍してくれます。

コルセットは腹圧を高めて腰の動きをサポートしてくれるので、楽に腰を動かすことができます。

痛みが引いてきても、完全に安心できるようになるまではコルセットの着用を続けることがおすすめです。

市販のコルセットよりも病院で購入するコルセットの方がしっかりと固定できるので、重症の場合はなるべく病院で処方してもらうようにしましょう。

⇒コルセットの正しい使い方が知りたい!

ヘルニアとの違い

腰痛といえばぎっくり腰と並んで有名なのが「ヘルニア」です。

腰の場合は「腰椎椎間板ヘルニア」と言います。

 

ぎっくり腰とヘルニアは同じ腰痛の仲間ではありますが、その痛みの構造は異なります。

ぎっくり腰は前述したようにひねったり急な動きが原因で起こる急性腰痛ですが、ヘルニアは腰椎の椎間板が本来あるべき場所からはみ出てしまい、それにより神経を刺激して痛みが生じる疾患です。

 

痛みの特徴は、お尻から足にかけての痺れるような強い神経痛です。

ぎっくり腰の場合はこのような神経痛はありません。

 

このようにぎっくり腰とヘルニアは原因が異なるので、当然治療法も異なってきます。

自分で判断して誤った治療をすると悪化する恐れもあるので、強い痛みがある場合はまずは病院で診断してもらいましょう。

⇒この痛みはヘルニア!?<症状と対処法>

ぎっくり腰にならないための予防法

ぎっくり腰は本当に辛い腰痛なので、なるべくならないように日ごろから予防をするようにしましょう。

ぎっくり腰の予防方法として効果的なのは、適度な運動です。

筋肉の衰えも腰痛につながる原因なので、ウォーキングなどで体を動かしてあげる習慣をつけることをおすすめします。

⇒腰痛改善に効果あり!筋力アップの方法とは

 

また、毎日少しずつでもいいのでストレッチをすることも効果的です。

1回で長時間やることよりも、1日10分でもいいので継続して習慣にすることが大切なことです。 辛いぎっくり腰にならないためにも、是非運動やストレッチで予防をするようにしてみてください。

⇒本当に簡単!寝ながらできる腰痛ストレッチ

次のページ


 - 腰痛の種類