雲のやすらぎ

      2016/03/26

雲のやすらぎ

「雲の上で寝ているような寝心地の敷布団」として、ネットの口コミで評判の高い商品。

それが、雲のやすらぎです。

店頭販売はしておらず、ネット通販オンリーなのですが、大手寝具メーカーのマットレスに匹敵する人気の腰痛マットレスです。

しかし、購入者が多い半面、ネガティブな口コミを目にすることも多く「本当はどうなの?」と思ってしまうことも。

 

そんなネガティブな評判について考えながら、雲の安らぎについて詳しく説明したいと思います。

>>「雲のやすらぎ」公式サイトはこちら<<

 

雲のやすらぎってどんなマットレス?

とにかく寝心地が良い

モニターアンケートでは、使った人の98%が「寝心地が良い」と感じています。

ネーミング通りの心地よい寝心地なんですね。

その心地良さは17cmというボリュームのある厚みならでは。

薄いマットレスでは感じる事の出来ない安定感があります。

それだけの厚みがあるので、フローリングで使っても底付き感(背中やお尻に床を感じてしまう)を感じません

整体師も認める優れた体圧分散性

雲のやすらぎ独自の体圧分散法「クロスクラウド製法」を採用。negaeri

縦の凹凸と横の繊維を交差させることで、従来の体圧分散布団よりも体全体をやさしくしっかりと支えてくれます。

背中や腰にばかり負担がかかることがないので、正しい寝姿勢を保つことができます

体圧分散がしっかりしていることは、腰痛持ちがマットレスを選ぶ時に欠かせないポイントです!

通気性がとても良い

厚さはありますが、汗や空気が出入りしやすくなっています。

リバーシブルでオールシーズン使える

リバーシブルで、秋冬仕様と春夏仕様に分かれています。

秋冬は保温性高めであったかく、春夏は熱をこもらせません。

防ダニ・抗菌防臭

テイジンが開発した国内生産の防ダニ・抗菌防臭の中綿マイティトップⅡを使用しているのでアレルギー対策もばっちりです。

安心安全の日本製

国内の工場で熟練した工員が丁寧に加工しています。

 

雲のやすらぎのネガティブな評判とは

楽天ランキングで1位を取り続けている雲の安らぎ。

人気の陰で、ネガティブな口コミが多いのも事実です。

その中でも多いのがその厚さに対するものと、寝心地について。

そういった評判について調べてみました。

厚みがあるので、収納に困っちゃう

雲の安らぎ 畳んだところ

確かに他の腰痛マットレスに比べると厚みがあるので、収納の場所は取ることになります。

毎日押し入れに片づけたい方は、収納スペースとの兼ね合いを検討する必要がありますね。

ちなみに折りたたんだ時のために、専用のゴムバンドが付いてきます。

すぐにへたってしまった!

これは雲の安らぎだけでなく、マットレスを買った時によく聞く話です。

基本的にマットレスがへたってしまうのは、使い方やお手入れに原因がある場合があることが多いもの。

長持ちさせるためには向きを変えたり、定期的に干すことでへたりを防ぐことができます。

特に湿気が残ったままだとへたりやすいので、朝起きたら立てかけておくようにすると良いでしょう。

それと子供が飛んだり跳ねたりしたりするのも、マットレスを傷める原因になるので注意が必要です。

寝心地、そんなに良くないよね

ネーミングの印象から、「雲のようにふわふわと柔らかい綿の上で寝ているような寝心地」をイメージして購入した場合にギャップを感じる方が多いかもしれません。

雲の安らぎは、横になるとほどよい弾力を感じます。

ふかふかの低反発が好みの方には、その弾力が少し硬く感じてしまうかもしれません。

ですが、この気持ち良い適度な弾力が腰に負担をかけないポイントなのです。

 

安定感のあるマットレスなら「雲の安らぎ」

腰痛布団 厚み

雲の安らぎは17cmの厚みがあるからこそ、しっかりと体をささえて正しい寝姿勢を保ってくれます。

腰痛持ちに人気があるのもうなずけますね。

公式サイトでは実際に使った人の口コミ動画での体験談も紹介していますので、興味がある方はぜひチェックしてみてください。

 

公式サイトはこちら_オレンジ

 

次のページ


 - おすすめ腰痛布団