エンジェルサポートマット

      2017/03/07

辛い腰の痛みに耐えている妊婦さんのために、老舗寝具メーカーとして有名な「西川リビング」が開発した腰痛布団が「エンジェルサポートマット」です。

このマットの注目ポイントは3つ。

妊婦さん特有の腰痛」を徹底的に研究して開発

②多くの産院などで採用

③軽くてコンパクトなので妊婦さんでも扱いやすい

⇒エンジェルサポートマットの公式サイトはこちら 

妊婦さんの腰痛を徹底的に研究!

エンジェルサポートマットは妊婦さんの体に詳しい専門家と寝具の西川が共同で研究・開発した敷きマットです。

「妊婦さんの体に合わせて」布団の硬さを調節

布団は一般的に硬さが均一なことが多いもの(むしろ腰周りが硬い)。

ですがエンジェルサポートマットは大事な赤ちゃんを支える腰やおなかにあたる部分が柔らかくなっていて、重たいお腹が自然と沈むようになっています。

そのため腰への負担が軽くなるので、妊婦さん特有の腰痛が解消されやすくなります。

妊婦さんだけでなく、大事な赤ちゃんのことまで考えて作られているのがエンジェルサポートマットのすごいところ。

ちなみに出産後は中身を入れ替えることで引き続き使うことができます。

 

妊婦さんに実際に使ってもらって効果を検証

エンジェルサポートマットの開発に携わった赤井先生(母性・助産学教授・保健看護学博士・助産師)主導で、実際に腰痛に悩む妊婦さんにマットを使ってもらい、その効果を検証しています。

その結果「マットを使っていない妊婦さん」は妊娠週数がすすむごとに痛みの数値が上がり「マットを使った妊婦さん」は痛みの数値の上昇はみられず、むしろぐっすり眠れるという結果になりました。

産院などで採用されているマットレス

産婦人科でも使われているマットレス

エンジェルサポートマットは多くの産院などで、入院中の妊婦さんの腰痛を和らげるために採用されています。

また、妊婦さんだけではなく早産予防で長期入院している方や、帝王切開後の背中や腰への負担を軽くするためにも利用されています。

⇒産院の方のコメントはこちら

軽くてコンパクト!持ち運びらくらく

エンジェルサポートマットは、今お使いの敷き布団やベッドの上に置くだけで使うことができます

厚みは5cmと薄くて軽いので、妊婦さんにもとても扱いやすいくなっています。

妊娠中は汗をかきやすくなっているので、布団を気軽に干すことができれば湿気予防にもなりますね。

また、持ち運びも楽にできるので、里帰り出産するときも持参することができます。

デメリットは何?

エンジェルサポートマットはその薄さから、耐久性は長くないと考えた方が良いでしょう。

このサイトで紹介している腰痛布団「モットン」は10年使えると言われていますから、それに比べるとどうしても短くなってしまいます。

だからといって品質が悪いわけではありませんし、むしろ妊婦さんのことを一番に考えて作られているのは他のどの布団よりもエンジェルサポートマットです。

⇒「妊婦さんのための腰痛布団選び」5つのチェックポイント!

赤ちゃんのためにも我慢は禁物です

腰痛を和らげるために必要なことは「正しい姿勢」を保つこと。

正しい姿勢を保てる布団で眠ることは、寝ながらにして「整体」を受けていることと同じ状態です。

「妊娠中に腰痛になるのは仕方がない」

そうあきらめていませんか?

今だけ、自分さえ我慢すればと痛みを我慢してストレスをためている状態は、決して理想的ではありません。

ストレスなく穏やかに毎日を過ごすことは、自分のためだけではなくお腹の赤ちゃんの為にも大切なこと。

出産までの日々を快適に過ごせるように、自分をいたわってあげてくださいね。

⇒エンジェルサポートマットの公式サイトはこちら

 

次のページ


 - おすすめ腰痛布団