<腰痛ベルト・コルセット>正しい使い方が知りたい!

      2017/08/28

腰が痛い時に「腰痛ベルト」や「コルセット」を使うと改善されることがあります。

そこでこの記事では、腰痛ベルトとコルセットの違いや、正しい使用方法について解説していきます。

腰痛ベルトとコルセットの違い

まず「腰痛ベルト」と「コルセット」の違いですが、製品としては同じ物のことを言います。

一般用語としては「腰痛ベルト」と呼ぶことが多く、「コルセット」は医療用語として使用します。

近所の販売店などでは腰痛ベルトとして売られていることが多いですが、病院でお医者さんに勧められる物はコルセットと呼ぶことが多いです。

効果はあるのか、痛みは和らぐのか

腰痛ベルトを使用したことがない人からすると「ベルトを巻くだけでそんなに効果があるの?」と疑問に思うかもしれません。

 

実は痛みを和らげるという意味では、腰痛ベルトやコルセットは非常に高い効果が期待できます。

 

ぎっくり腰でまったく動けないような状態であったとしても、腰痛ベルトを巻くと最低限の動きはできるようになります。

どうしても仕事は休めないといった場合などには、応急処置として非常に頼りになる存在です。

⇒これってぎっくり腰!?知っておきたい辛い痛みの治し方

 

しかしベルト自体が痛みを回復させてくれるわけではなく、腹圧を上げて少ない力で動けるようにサポートしてくれているだけなので、基本的には安静にしておく必要があります。

腰痛ベルトを巻いて動けるようになったとしても、無理は禁物です。

腰痛ベルト(コルセット)を巻く位置

腰痛ベルトは正しい位置に巻かなければ本来の効果を発揮できません。

ベルトは左右均等に使用するので、ちょうど真ん中に背骨が当たるように巻きます。

 

高さはベルト幅の真ん中が骨盤上部の一番高くなっている腸骨稜(ちょうこつりょう)の高さになるように巻きましょう。

幅の広いタイプのものだとベルトの上部がみぞおち付近までくることになります。

 

また、緩すぎると効果がないのである程度の締めつけ感は必要ですが、呼吸が苦しくなったり痛みが出るほどだと強く締め付け過ぎです。

寝てるときもつけていて大丈夫?

痛みが酷いときには、腰痛ベルトをつけたまま寝てしまいたいと思いますよね。

ですが寝ているときはなるべく腰痛ベルトは外すようにしましょう。

 

なぜなら腰痛ベルトは立っている時や動く時のサポートをするものであり、寝ている時にはその効果があまり発揮されません。

それどころか腹部を圧迫することになるので、睡眠の障害になったりストレスの原因となることもあります。

特に夏場の蒸し暑い日などは蒸れてしまうことも考えられるので、腰痛ベルトは必要のない就寝時には外すことをおすすめします。

⇒体に合わない布団が腰を壊している?

腰痛ベルトはどんなものを買えば良い?

腰痛ベルトはドラッグストアでも売っていますし、病院で購入することもできます。

症状が酷い場合は一度病院で診てもらって、その際にコルセットも処方してもらうことが一番確実です。

 

お店ではたくさんの種類があってどれがいいのか悩んでしまうこともあると思います。

店員さんに詳しい人がいれば聞いてみるのもいいですが、ドラッグストアなどに常駐している薬剤師さんも腰痛ベルトに関してはどれが良いとはなかなか言い難いようです。

 

痛みの度合いにもよりますが、ぎっくり腰など強い痛みがあるときはなるべく幅の広い大きなタイプがおすすめで、マジックテープよりもホックで固定するタイプのものがおすすめです。

メッシュ素材になっていて通気性が高いものも良いですね。

それほど強い痛みではなく、少しでも動きやすい方がいい場合は幅の狭いタイプを選ぶと良いでしょう。

腰痛ベルトを使うことによる弊害

辛い腰痛を緩和させたいときに助かる腰痛ベルトですが、あまり頼りすぎると弊害も出てきます。

例えば腰痛ベルトを巻いた状態で激しく動くような仕事をしていると、摩擦で皮膚が炎症を起こしてしまう恐れがあります。

ある程度動かなければならない場合は、そういったことになりにくい幅の狭いタイプのベルトを使用しましょう。

幅の広いタイプでなければ痛みが出るほどの症状のときには、そもそも激しく動くこと自体おすすめできません。

 

また、長期間使い続けると腰回りの筋力低下が心配されます。

ベルトをしていると楽に動けますし、不安が残るうちはどうしても使用したくなりますが、強い痛みが引いてからは徐々に使用頻度を減らしていきましょう。

あまり動かなくていいときにはなるべく使用せず、辛さを感じるときやどうしても動き回らなくてはならないときにだけ使用することをおすすめします。

高い効果はあるが頼りすぎない

腰痛ベルトは腰に強い痛みがある場合でも最低限の動きができるようになる魔法のベルトのような存在ですが、あまり頼りすぎないことも大切です。

あくまでも自分の力だけで動けないときのサポートをしてくれる存在であり、頼りすぎると自分の体がサポートなしではまともに動けない体になってしまいます。

そうならないためにも、腰痛ベルトはどうしても辛いときの応急処置の道具だと思って、癖にならない程度にうまく使用していきましょう。

⇒<骨盤ベルト>知っておきたい効果的な使い方

次のページ


 - 腰痛を和らげる方法