畳やフローリングが腰痛悪化の原因になる?

      2017/08/16

畳の上で眠る

畳やフローリングなどの硬い床の上で寝ることは、ベッドで寝る場合に比べて体にどのような影響があるのでしょうか。

 

腰痛が悪化するといったことをよく耳にすることもありますが、その原因を理解すれば対策をすることも可能です。

 

ここでは畳やフローリングで寝ることによって起こる腰痛や、その対処法について詳しくご紹介します。

床で寝ることと腰痛は関係がある?

畳やフローリングなどの硬い床で寝ているからといって、必ずしも腰痛が悪化するとは限りません。

しかし、条件によってはベッドで寝る場合よりも腰に負担がかかりやすいのも確かです。

 

ベッドの場合はスプリングの入った分厚いマットレスがあるので、体の形状に沿って十分にマットが沈んでくれます。

ですが畳やフローリングの場合、敷布団にある程度厚みがないと床の硬さが体への負担となってしまいます。

 

その結果、腰や背中の痛みへとつながってしまうのです。

⇒腰が痛い人にベストな布団の硬さとは

硬い床で寝ていて腰痛がひどいときの対処法

では具体的な対処法はどうすれば良いのでしょうか。

<フローリング用マットレスを敷く>

フローリング

まずは床の硬さを体に感じさせないように対策をすることが重要です。

 

敷布団に厚みが足りなくて腰への負担が大きくなっている場合には、敷布団の下にフローリング用マットレスを敷くことで負担を軽減しましょう。

 

いわゆる「せんべい布団」と呼ばれるような薄くなった敷布団でも、布団の下に厚みのあるマットレスを敷いてあげるだけで新品の布団で寝ているかのような寝心地を取り戻せます。

 

三つ折りにできるタイプのものが主流なので、昼間も場所も取りません。

ニトリなどのホームセンターでも購入することができます。

 

<寝具にこだわる>

予算に余裕があるのであれば、腰痛対策がほどこされた布団に変えてみるという選択肢も考えてみてください。

 

最近は非常に高性能な腰痛布団がたくさん発売されていて、寝具を変えただけで辛かった腰痛が大きく改善される、といったことは珍しいことではありません

 

寝具の違いは腰痛はもちろん睡眠の質にも重要な影響を与えます。

今使っている布団にへこみがあったり、5年以上使っているのであれば買い替えを考える良い機会なので検討してみるのも良いでしょう。

⇒腰痛布団はどうやって選ぶ?

 

<横向きで寝る>

横向きで眠る

すぐに布団を購入するのは厳しいという方は、横向きで少し丸まって寝ることで腰への負担が大きく軽減されます。

 

抱き枕を使用すると自然に横向きで寝ることができるのでおすすめです。

⇒腰痛が辛い人におすすめ!抱き枕活用術

 

横向きがどうしても辛いという人は、仰向けで膝の下にクッションを入れるなどして、自然に膝が曲がる状態にしてあげることで腰への負担を軽くすることもできるので試してみてください。

布団の湿気は腰痛の敵!

布団のカビ

畳やフローリングに布団を敷いている人の多くが、じめっとした湿気に悩まされているのではないでしょうか。

人は寝ている間に約200ccもの汗をかくといわれています。

これはコップ一杯分相当の量です。

 

これだけの量の汗をかくということは、敷布団にもたくさんの水分が吸収されていることになります。

 

 

湿気と腰痛は一見関係がなさそうですが、湿気を含んだ布団は体をしっかりと支える力がないので腰への負担が大きくなります。

 

ベッドであれば湿気を逃がすスペースがありますが、床の場合はそういったスペースはないのでどうしても布団がしめりがちになってしまいます。

 

対策として敷布団の下にすのこを敷いてあげることである程度の湿気予防が可能です。

布団は敷きっぱなしの万年床にせず定期的に干してあげるようにしましょう。

 

すのこを敷いているから安心!と思っていると、そのすのこにカビが生えてしまうこともあるので要注意です。

畳やフローリングで寝るなら腰痛対策が必須

畳やフローリングといった床で寝ることは必ずしも悪いことではありません。

 

きちんと体への負担を考え、対策をしてあげればベッドと変わりなく眠ることができます。

 

ただし「なかなか腰痛が治らない」「朝起きると腰が痛い」などといったことが続くようであれば、一度お使いの寝具を見直してみたり寝方を変えてみてください。

⇒体に合わない布団が腰を壊している?

 

腰痛は放っておくと悪化して、突然ぎっくり腰になったり痛みが強くなることがあります。

 

「腰が痛いのはいつものことだから」と放置せずにおかしいなと思ったら早めに対策することをおすすめします。

⇒腰痛布団は、どうやって選ぶ?

次のページ


 - 敷布団選びのポイント