「高反発」と「低反発」の違いって何?

      2017/08/14

ebbf820d0d8d270e42a46be9fae08267_s

腰痛持ちには「高反発マットレス」がベストだということを、こちらの記事でご紹介しました。

ここでは、「高反発マットレス」と「低反発マットレス」の違いを、もう少し具体的に比較してみたいと思います。

「低反発マットレス」の特徴

低反発

店頭で「低反発」クッションやマットレスなどを、触ったことはありませんか?

手でぐっと押すと手形がしっかりついて、ゆっくり戻ってくる感じ。

 

あのゆっくりとした復元力が、「低反発」の特徴です。

 

一度でも低反発マットレスを使った方は分かると思いますが、くるまれているようなフィット感が、気持ちが良いんですよね。

「高反発マットレス」の特徴

高反発マットレスは、少し硬めの使用感。

低反発だと手で押し込んだときにゆっくりと戻りましたが、高反発はすぐに戻ります。

低反発よりも弾力がある感じです。

 

優れた体圧分散力があるので、体が痛くなりにくいのが大きな特徴です。

⇒腰が痛い人にベストな布団の硬さ

「低反発」と「高反発」の違い

それでは、「低反発」と「高反発」の具体的な違いを見ていきましょう。

 

低反発

高反発

厚さ

薄い

厚い

通気性

素材の性質上、あまり良くない

良い

湿気

蒸れやすい

蒸れにくい

耐久性

素材の性質上、あまり良くない

耐久性あり(長くて10年以上)

価格

比較的安価

低反発に比べると高価

寝返り

打ちづらい

打ちやすい(熟睡できる)

メリット

・手足のしびれを解消してくれる

・寝心地がとても良い

・腰に負担がかからない

・起床時の痛みやだるさがない

デメリット

・薄いものは、底つき感がある

・厚いものは、沈み込みすぎる

・寝心地が硬め

・値段が高いものが多い

腰痛持ちは迷ったら「高反発」を選ぼう!

dc86fd87c58e5f8b2a9e2fd41d4f2790_s

低反発も高反発も、もちろんそれぞれメリット・デメリットがあります。

でも、腰痛持ちにとっては「腰の痛みが和らぐのはどっちなのか」ということが本当に知りたいところ。

その点で言うと、腰痛に悩んでいる方にはやはり「高反発マットレス」が一押しです。

 

ただ、ずっと柔らかい布団やマットレスで寝ていた方は、慣れるまでその硬さに違和感を感じるかもしれません。

高反発マットレスを始めて使う場合は、効果を感じられる2週間程度は、継続して使ってみる事をおすすめします。

試してみてダメだったら困ると不安な方は、商品を受け取ってからお試し期間がある商品もあるのでぜひ一度チェックしてみてください。

⇒90日間お試し可能!腰痛はモットンがおすすめ

次のページ


 - 敷布団選びのポイント