腰が痛い人にベストな布団の硬さとは

      2017/08/14

pillows-1031079_640

 

「腰痛持ちの人は硬い布団に寝ると良い」

そんな話、よく効きますよね。

中には

「腰痛には硬い布団が良いって聞いたから、フローリングの上に薄い布団を敷いて寝てます」

「昔からあるせんべい布団が一番!」

という方もいらっしゃいます。

 

でも実は、ただ「硬い」というだけでは、逆に腰痛を悪化させることもあるんです。

では一体、腰痛持ちの方にはどれくらいの硬さの布団がベストなんでしょうか。

硬すぎる布団は、胸や腰を圧迫する

硬い布団

人は立っている時は、すべての体重を足の裏で支えます。

イスに座っている時は、もちろんお尻で・・・。

じゃあ寝ている時はどうでしょう?

 

人間は寝ている時、胸と腰に約80%の体重がかかっています。

ですから硬い布団で寝ていると、押し付けられた胸や腰が痛くなるので、ひんぱんに寝返りを打つようになります。

確かに、同じところばかり圧迫されていたら痛くなりますよね。

そうなると、熟睡することはできませんし、朝起きた時には体のあちこちに痛みを感じる事も。

硬すぎる布団は腰に大きな負担がかかるので、腰痛持ちには向いていないのです。

柔らかすぎる布団は、寝返りがしづらい

柔らかい布団

ではふわふわの柔らかい布団で眠れば、腰には負担がかからないのでしょうか。

 

実は布団が柔らかすぎると、背中や腰が布団に沈み込んでしまい、寝返りが打ちにくいので腰に負担がかかってしまいます。

確かに、柔らかい布団は包み込まれるようで最初は寝心地が良いものですが、体が沈みこんでしまっては身動きがとりずらいですよね。

 

このように硬すぎる布団も柔らかすぎる布団も、寝返りの回数が多くなったり、体に力が入っているために腰に負担がかかります。

朝起きた時に「腰が重い」「疲れが取れない」「体のあちこちが痛む」という症状が起こる場合は、布団の硬さが原因になっているのです。

腰痛持ちは「反発力」が高い布団がおすすめ

高反発

硬くてもだめ、柔らかくてもだめなら、どれくらいの硬さの布団が腰に負担がかからないのでしょうか。

 

柔らかすぎる布団も、硬すぎる布団も、問題点は「胸と腰への負担が大きすぎる」ということ。

この負担を体全体に分散してくれる硬さがベストなんです。

難しい言葉でいうと、「体圧分散」効果に優れたもので、寝た時にお尻だけが沈み込む程度が丁度良い硬さ

 

体全体を下から支え上げてくれるような、反発力が高い布団、いわゆる一般的に「高反発」と呼ばれているものが腰痛改善に最も向いている硬さなのです。

 

良い布団で寝ると、寝返りがラク~にできる

bbecaa7106dde323c4b4eca6ad8e98cc_s

高反発布団や、高反発マットレスの良いところは、良い睡眠をとるために欠かせない「自然な寝返りができること」

 

寝返りが打ちづらいと、体を無理に動かそうとして筋肉に力が入ります。

せっかく身体を休めるために寝ているのに、体が緊張している状態では熟睡できません。

 

体圧分散に優れた布団は、寝返りがラクにできるので、年配の方や女性でも無理なく自然な寝返りをうつことができます

自分の症状に合う布団を選びましょう

086945

今回腰痛には、ある程度の硬さがある「高反発」の布団が良いとご紹介しました。

ただ、腰痛の原因は本当に人それぞれで、背骨の形や体型も個人差があります。

例えば、腰痛の中でも「後ろに反ると痛い」タイプの方は、反発力のあるマットレスで寝てもあまり効果を感じないかもしれません。

ですので、かかりつけの病院などで自分の症状に合う布団はどういったものなのか、一度確認してみると安心ですね。

 

または可能であれば、店頭で寝心地を試してみるのも良いと思います。

数分横になっただけでは、本来の良さが分からないかもしれませんが、そんな場合は「お試し期間がある腰痛マットレス」で寝心地を試してみるのもおすすめです。

反発力のあるマットレスはどんなものなのか、じっくりチェックしてみてはいかがでしょうか。

体に合わない布団が体を壊している?

 

 

次のページ


 - 敷布団選びのポイント