腰痛には布団とベッド、どちらが良い?

      2017/08/14

e55a6c7ebe5bdc270e4f4143f9b90e77_s

「腰痛なら畳の上で寝た方が良いよ」
「ベッドの方が起き上がる時ラクちんでしょ」

布団派とベッド派、こんなふうに意見が分かれることってありますよね。

寝心地だけで考えるなら、個人の好みで選べば良いのかもしれません。

でも、「腰痛を改善する」という点で考えると話は別。

本当のところ、腰痛持ちはどちらで寝るのが好ましいのでしょうか。

腰に負担がかからないのはベッド

1bdeffe6d24e4f5008071dc0df27908e_s

布団を使っている方が一番大変なのは「布団の上げ下ろし」ですよね。

中腰で大きな布団を運ぶことは、腰に大きな負担がかかります。

かといって、敷きっぱなしでは湿気やカビが生えてしまう事も。

 

腰の負担を考えると、上げ下ろしの負担がない点で、ベッドを使うことをおすすめします。

特に高齢の方には布団の上げ下ろしはとても重労働。

それなのに、年配の方ほど重たい布団を使っている方が多いんです。

布団の上げ下ろしはぎっくり腰のきっかけにもなりますので、腰痛がひどい場合は布団の上げ下ろしはなるべく避けた方が良いでしょう。

 

また、フローリングの上に布団を敷いて寝ている場合、身体が沈んだ時に床についてしまう事があり腰に大きな負担がかかります

硬い床の上に布団を敷いて寝る事も、腰にとっては好ましくありません。

⇒腰が痛い人にベストな布団の硬さとは

ベッドなら何でも良いわけではない

086946

ベッドなら、布団の上げ下ろしもないし、朝起き上がる時もとても楽です。

日中痛みがあるときも、すぐに横になることができます。

 

ただ、注意してほしいのは「ベッドならどんなものでも良い」というわけではないということ。

大切なのはどんなマットレスや敷布団を使うのかということです。

マットレスが柔らかすぎたり、反対に硬すぎたりするとかえって腰を悪くしてしまう事があります。

 

腰痛を改善するには、適度に反発力があるマットレスを使うのが重要です。

⇒腰痛布団は、どうやって選ぶ?

ベッドでも布団でも、腰に負担がかからないものを選ぶ

9f696c7c114f2a49228ac0b9cabad4c3_s

ベッドでも布団でも大切なのは、どんなマットレスや布団を使うのかということです。

 

ベッドのマットレスがへたっていて、あちこちへこんでいたり歪んでいたりすれば腰に大きな負担がかかります。

また反対に布団で寝る場合でも、厚みのあるしっかりしたマットレスを使う事で腰痛を改善することが可能です。

どちらを選ぶにしても、腰痛を改善するには寝具にこだわることがとても大切です。

⇒布団のへこみが腰痛の原因に!?

 

しかし寝具は安いものではありませんし、買い替えるとなると結構面倒なものです。

ですが、どんなに良い治療を受けたとしても、身体に合わない寝具を使う事で、寝ている間に腰痛を悪化させている場合もあります

本気で腰痛を改善したいなら、ベッドでも布団でも今自分が使っている寝具が腰に負担をかけていないか、まずはチェックしてみることをおすすめします。

腰痛の原因になる布団 5つのチェックポイント

次のページ


 - 敷布団選びのポイント