腰の左側が痛い!考えられる原因は?

      2017/08/28

一言で腰痛といっても、全体が痛いときと左右のどちらかにばかり痛みを感じるときなど痛みが出る場所は様々です。

痛む場所によってその原因が違うこともあるため、まずは腰のどこが痛いのかをはっきりとさせてから対処することをおすすめします。

今回は腰の左側が痛い場合に絞って、原因や対処法について解説していきます。

⇒あなたの腰痛の原因は?

左腰が痛むときの内臓疾患の可能性

腰の痛みが左側や右側に集中している場合、ひねったり何かにぶつかったなどの明らかな原因がなければ内臓疾患などの病気を疑いたくなるもの。

確かに慢性的に続く痛みや、体勢を変えても楽にならない場合などは何かの病気のサインということも考えられます。

では内蔵疾患による左側の腰痛の原因はどのようなものがあるのでしょうか。

<腎臓疾患>

腎臓に何らかの問題が発生している場合、左側に腰痛が発症することがあります。

腎臓疾患は腰だけでなく体の全体に問題を引き起こす可能性があるため、早めの処置が求められます。

左側の腰痛に伴い、発熱や吐き気、むくみ、頻尿、血尿などを伴うことがあり、そういった場合は早急に病院へ行き診察を受けましょう。

<尿管結石>

左側の腰痛には尿管結石の疑いもあります。

尿管結石が原因の場合は、けいれん性の強い痛みを感じることが特徴です。

吐き気や発熱、血尿などの症状を伴う場合は病院で診てもらいましょう。

<膵炎>

膵炎の症状は本来、腰痛というよりはみぞおちから背中にかけての突き抜けるような痛みが特徴です。

しかし姿勢を正したり前かがみになると楽になったりすることから腰痛と勘違いする人も多い疾患です。

日常的にアルコールを飲んでいる人は特に注意が必要となります。

<骨粗しょう症>

骨粗しょう症そのものが腰痛の原因というわけではありませんが、骨粗しょう症により骨折してしまったことが原因で腰の左側が痛くなっている可能性は考えられます。

特に高齢女性に多く見られる疾患のため、カルシウムやビタミンDの摂取、適度な運動を心掛けましょう。

⇒【骨粗しょう症】予防と治療について

<転移性骨腫瘍>

腫瘍が骨に転移して起こる状態を転移性骨腫瘍といいます。

この疾患は骨の強度が弱まり、骨折もしやすい状態になります。

そのため、左腰の痛みが骨の痛みだと感じる場合には疑ってみる必要があるでしょう。

特にガンの治療を行った経験がある人は早急に病院で検査してもらうことをおすすめします。

<女性疾患>

女性の場合は子宮内膜症や子宮筋腫、卵巣のう腫、卵巣ガンなどの疑いも否定できません。

こういった疾患が原因で左側の腰が痛くなることもあります。

心当たりのある場合は病院で相談してみることをおすすめします。

⇒なぜ女性のほうが腰痛もちが多いのか?

痛みが出たときの対処法

腰に痛みがある場合の応急処置として対処できることは、患部を冷やしたり温めたり、ストレッチをして体をほぐしてあげることが効果的です。

急性の痛みで炎症を起こしている場合は冷やし、慢性痛の場合は温めることが有効です。

しかしあくまでも応急処置のため、長期間症状が改善しない場合や、普通の腰痛とは違う違和感などを感じる場合は早めに病院で診てもらうようにしましょう。

原因がわからないまま自己判断で対処していると、悪化の可能性もあるので注意が必要です。

不安な場合は医療機関を受診しましょう

明らかな原因が思い当たらない腰痛が長引いていると、とても不安になりますよね。

特に同じ個所ばかり痛みが続くと何らかの病気を疑いたくなってしまうものです。

ただし怖がってばかりいてそのまま放置してしまうと、症状が悪化してしまうことも考えられます。

病院を受診するかどうかの目安は「痛みの強さが全く変わらずに(または強くなって)1週間以上腰痛が続いている事」です。

たかが腰痛と考えずに、不安を解消するためにも医療機関を受診することをおすすめします。

⇒腰痛は何科に行けば良い?

次のページ


 - 腰の痛みで眠れない