腰痛は温める?冷やす?

   

腰痛は冷やす?温める?

腰が痛いときには温めた方がいいのか冷やした方がいいのか、きちんと判断ができる人は意外と少ないもの。

腰痛といっても原因はそれぞれ異なるので、一概に温めた方がいいとも冷やした方がいいともいえません。

 

そこで今回は、腰痛の種類による対処法の違いについてご紹介します。

腰痛の種類

腰痛には内臓の疾患によるものや、腰椎椎間板ヘルニア、脊椎分離症、腰椎の圧迫骨折など脊椎の疾患によるものがあります。

また、内臓にも問題なく脊椎に物理的な変化のない腰痛も多く見受けられます。

 

一般的な腰痛とは、こういった内臓や脊椎の疾患と関係のない慢性的な「腰痛症」です。

 

また、いわゆるぎっくり腰と呼ばれる腰痛は「急性腰痛症」という種類の腰痛となります。

温めた方が良い腰痛

温めた方が良い腰痛というのはどういった腰痛かというと、基本的には慢性的な腰痛となります。

一般的な筋肉疲労などで、「だるい・重い」といった症状のときは温めて血行を良くしてあげましょう。

 

運動などをしていて捻って痛めた腰痛や、打撲が原因の腰痛でないのであれば基本的には温めてあげることで改善が期待できます。

 

また、内蔵疾患による慢性的な腰痛も、内蔵をしっかりと温めてあげることが大切です。

冷やした方が良い腰痛

一方、冷やした方が良い腰痛はぎっくり腰のような急性の腰痛です。

痛めたばかりで強い痛みを感じている間は、筋肉が炎症を起こしているのでその炎症を冷やして抑えることが大切となってきます。

 

こういった急性の痛みのときに温めてしまうと逆効果で、炎症が悪化し痛みもより酷くなってしまう危険性があります。

 

普段の腰痛で温めているからといって、ぎっくり腰のときにも同じように温めてしまわないように気をつけましょう。

数日間冷やして強い痛みが引き、だるい感じが残っているくらいであれば、それからは温めてあげて血行を良くすることで改善が期待できます。

患部の温め方・冷やし方

温めたほうがいい腰痛と冷やした方がいい腰痛の判断ができるようになれば、次は実際の温め方や冷やし方についても知っておきましょう。

 

温めるときは温湿布を貼ったり、お風呂でしっかり温まるなどして血行を良くしてあげることが大切になってきます。

 

温めることと同時に冷やさないということも大切なので、冬場は特に服装にも気を使うようにしましょう。

 

急性腰痛で冷やしたいときは、氷のうで冷やしてもいいですし、冷たい水で絞ったタオルを患部にあててあげることも効果的です。

 

氷のうがない家庭はあるかもしれませんが、タオルがない家庭はないと思うので、緊急のときはタオルを濡らして患部を冷やしてあげる方法は覚えておくと良いでしょう。

対処法を間違えると悪化の可能性も

腰痛に対して温める、冷やすという対処法を間違えると症状が悪化してしまう可能性は十分に考えられます。

特に急性の腰痛に対して温めてしまうと、短時間で痛みが増してくる可能性があるので注意が必要です。

 

慢性腰痛に対しては冷やしてしまうと血行が悪くなり、短時間で痛みが増すことはなくてもいつまで経っても改善されないという状態になってしまい、その状態が続くとぎっくり腰などの急性腰痛を引き起こす原因となります。

 

どちらにしても、対処法を間違えると悪化につながる危険性があるので注意が必要です。

知識を身に着けて適切な対処をしよう

腰痛にも種類があることを知り、それぞれの適切な対処法を知っておくことは自分の体を守ることにつながります。

 

簡単に覚えるなら痛みが強いときは「冷やす」、慢性的な辛さは「温める」といった対処となります。

もちろん痛みが酷い時には病院で診察を受け、お医者さんに指示された通りの対処をするようにしましょう。

 

次のページ


 - 腰痛の治療